FANDOM



【レミリア】 しっかし、暇ねー。

【咲夜】 日々が平穏であるほど、祭事は盛り上がるものとも思いますが。

【レミリア】 それはつまり今つまらないなら、祭りをしろということね。

【レミリア】 ん……?

レミリアと咲夜から少し離れたところに麻雀卓が出現していた。 レミリアが気づかぬ間に、まるで最初からそこにあったかのように。

【レミリア】 咲夜、あれはあなたが置いたもの?

【咲夜】 いえ。……これは雀卓ですね。麻雀というゲームをするための台です。 4人でないと遊べないゲームですけれど……。

【レミリア】 ゲーム。そう、それは面白そうね。 暇つぶしにその卓を使って遊ぶのもまた一興だわ。

【レミリア】 パチェと、そうね。門番でも呼びつけなさい。

【レミリア】 あ、あとなにかお茶請けになるものも用意なさい。

【咲夜】 わかりました。

【レミリア】 さて、これが館の霧を吸い尽くしたモノだというのなら、 いったいどんなものなのかしらね……。

==

【レミリア】 しかし、これが館の霧を吸い尽くしたというのは不思議ね。 もともとそういうものなのかしら?

【パチュリー】 そんなわけない。 普通に考えたら巫女あたりが騒ぎそうな出来事ね。

【アリス】 あらまぁ。意外というか。珍しいというか。 館の霧が晴れてるのはそれのせい?

【レミリア】 何の用かしら? そもそもどうやって入ってきたの?

【アリス】 いや普通に玄関から通ったわよ?

【美鈴】 そういえば、門の鍵を閉めていないような……。

【レミリア】 ちょっとそこの門番。それくらいのことやっておきなさい。

【門番】 あううぅ……。

【レミリア】 あぁ、でも今回はいいわ。 ちょっと咲夜に巫女を突いてもらわないといけないから。

【レミリア】 それじゃ咲夜、巫女に適当に話を聞いておいて。 あと、行くときにちゃんと鍵閉めておいてね。

【レミリア】 で、代打ちってことで座りなさい人形遣い。

【アリス】 はいはい。

==

【フランドール】 お姉さまーがまーじゃんやっていると聞いて飛んできました!

【レミリア】 遅いわよ。

【フランドール】 あはー。

【咲夜】 ただいま戻りました。

【レミリア】 お帰りなさい。巫女は相変わらずだったのかしら。

【咲夜】 相変わらずでした。 他のところからも催促が来ていましたので、すぐに動くかと。

【フランドール】 ねぇねぇ、そんなのどうでもいいからやろうよー。

【レミリア】 はいはい。 咲夜。戻ってきた早々だけど入ってちょうだい。

【フランドール】 よーし、お姉様には負けないゾ。


Remilia: Really, it's so boring.

Sakuya: The days may be calm, but I believe a festival would stir things up.

Remilia: In other words, you're saying to start a festival since it's boring now, huh.

Remilia: Hm...?

A mahjong table appeared a short distance away from Remilia and Sakuya.
Remilia hadn't noticed it before, and it seemed like it was there from the start.

Remilia: Sakuya, did you put that there?

Sakuya: No. ...This is a mahjong board, I see. It's a table used to play a game called mahjong. Although you need four people to play it...

Remilia: A game. I see, that sounds interesting. It should be amusing for a little while to use that table to play and kill some time.

Remilia: Patchy can play too, and, hm. Call the gatekeeper.

Sakuya: Very well.

Remilia: Now then, if this is the thing that's absorbing all the mansion's mist, just what is it, I wonder...

==

Remilia: Really, it's quite odd for this thing ot be absorbing all the mansion's mist. Was it made to do that from the start?

Patchouli: It's not that simple. Thinking about it normally, this would be an incident that would stir the shrine maiden into action.

Alice: Oh my. How surprising. Or rare, you might call it. The mist around the mansion clearing up is because of that thing?

Remilia: What are you here for? And how did you get in in the first place?

Alice: I just entered through the door.

Meiling: Oh yeah, I might've forgotten to shut the gate...

Remilia: Hey, you gatekeeper. You need to remember to do your duties like that at least.

Meiling: Awww....

Remilia: Ahh, but this is good timing. I need to send Sakuya over to pick at the shrine maiden anyway.

Remilia: So Sakuya, go ask the shrine maiden the relevant questions. And make sure to lock the gate properly as you leave.

Remilia: And you will be her substitute, so sit down, dollmaster.

Alice: Fine, fine.

==

Flandre: Sister~ I came flying here when I heard I can play without self-control!

Remilia: You're late.

Flandre: Aha~.

Sakuya: I have returned.

Remilia: Welcome back. I suppose the shrine maiden was the same as usual.

Sakuya: She was indeed. Others had arrived to urge her as well, so she will likely take action soon.

Flandre: Hey hey, forget all that and let's play~.

Remilia: Yes, yes. It's a bit quick upon your return Sakuya, but do play as well.

Flandre: Alright, I won't lose against you, sister!


Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.