FANDOM



嗚呼, 耳元で爽やかに夏の足音
空は青く高く
嗚呼, 大地から立ち込める薫り集めて
日傘ふわり開く

また出会いと別れ廻る恋の季節
恋とは儚く美しいく
太陽よりも眩しい笑顔の花
今こそ此処に咲かせましょう。


嗚呼, 足許でいたずらに揺れる夏草
日差し浴びて強く
嗚呼, そよそよと南風運ぶ想い出
ひとり胸を焦がす

また今年も廻り廻る恋の季節
心に芽生えた恋の花
太陽よりも眩しい笑顔浴びて
今こそ此処に咲かせましょう。


"the sky, the earth, the sun, a wind,
and a little rain are necessary
but your smile for me any more
let's be with me together
during summer"


いつかは終わりの来るその生命
少しでも永くそばにいて⋯
心に大粒の雨が降った日は
抱きしめてキスをして
涙をそっと拭いてあげるから⋯

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.