Wikia

Touhou Wiki

Embodiment of Scarlet Devil: Prologue

7,297pages on
this wiki
Talk0


Forward to:


東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.

- 0 -

幻想郷は、予想以上に騒がしい日々をおくっていた。

謎の来訪者に、夏の亡霊も戸惑ってるかの様に見えた。

In Gensokyo, it was an unbelievably chaotic time.

To a random visitor, it seemed even the ghost of summer itself was troubled.

そんな全てが普通な夏。

辺境は紅色の幻想に包まれた。

It was to be a typical summer.

But now, Gensokyo was covered in a scarlet red.

- 1 -

ここは東の国の人里離れた山の中。

博麗(はくれい)神社は、そんな辺境にあった。

In the eastern mountains, far from civilization,

lies the isolated Hakurei Shrine.

この山は、元々は人間は棲んでいない、今も多くは決して足を踏み入れない場所で、人々には幻想郷と呼ばれていた。

幻想郷は、今も相変わらず人間以外の生き物と、ほんの少しの人間が自由に闊歩していたのだった。

Originally, no humans lived on these mountains.

These days, very few dared to travel into the land called Gensokyo.

Gensokyo, then and now, was populated with many non-humans and a few humans of pride.

人々は文明開化に盲信した、人間は生活から闇の部分を積極的に排除しようとしていた。

実はそれは、宵闇に棲む生き物にとっても、人間との干渉もなくお互いに気楽な環境だったのだった。

Humans outside of Gensokyo turned to developing culture, and so chose to remove darkness from their lives.

This, too, was desired by creatures living in this darkness, as both humans and not could now enjoy their lives without the nuisance of each other.

そして、ある夏の日、音も無く、不穏な妖霧が幻想郷を包み始めたのである。

それは、まるで幻想郷が日の光を嫌っているように見えたのだった。

One summer day, a disturbing fog quietly enveloped Gensokyo.

It seemed as if Gensokyo itself hated sunlight.

- 2 -

博麗神社の巫女、博麗霊夢(はくれいれいむ)はおおよそ平穏な日々を送っていた。

滅多に参拝客が訪れないこの神社は、退屈だったり退屈じゃなかったりして、楽しく暮らしているようである。

Reimu Hakurei, a shrine maiden of the Hakurei Shrine, lived a fairly peaceful life.

Since shrine visitors were fairly rare, she'd sometimes be bored, but still very much enjoyed herself.

そんな夏の日、霊夢は少しばかり退屈以外していた。

On that day, Reimu was a little more bored than usual.

 霊夢「もー、なんなのかしら、

    日が当たらないと天気が晴れないじゃない」

Reimu
"Geez, what is this?
Without sunshine, this weather will never go away."

このままでは、霧は神社を越え、人里に下りていってしまう。

幻想郷が人々の生活に干渉してしまうことは、幻想郷も人の手によって排除されてしまうだろう。

At this rate, the mist would cross over through the shrine and into civilization.

If Gensokyo caused any problems, the outside world would probably try to remove it.

 霊夢「こうなったら、原因を突き止めるのが巫女の仕事(なのか?)

    なんとなく、あっちの裏の湖が怪しいから、出かけてみよう!」

Reimu
"Well, fixing the source of this problem is the work of a shrine maiden (is it?)
I think the lake down there is suspicious. Let's go!"

あたりは一面の妖霧。

勘の鋭い少女は、直感を頼りに湖の方向へ出発した。

The target, an unexplained mist.

As a girl of excellent intuition, she trusted her instincts and took off in that direction.

- 3 -

数少ない森の住人である普通の少女、霧雨 魔理沙(きりさめまりさ)は、普通に空を飛んでいた。

One of the few human residents, Marisa Kirisame was just an ordinary girl, flying as she normally does.

いつのまにか、霧で湖の全体が見渡せなくなっていたことに気づくと、勘の普通な少女は、湖に浮かぶ島に何かがあるのでは?と思ったのだった。

At some time, she noticed that fog had hidden the entire lake from view. And so she, being of somewhat normal intuition, realized that something was being hidden there.

 魔理沙「普通、人間だって水のあるところに集落を造るしな」

Marisa
"Normally, people build villages near water, I think."

化け物も水がないと生きてけないのだろうと、実に人間らしい考え方である。

Monsters need water too. She has such human-like thinking.

 魔理沙「そろそろ、あいつが動き出しそうだから、ちょっと見に行くか」

Marisa
"Oh yeah, something's moving over there. Lemme check it out."

少女は、何かめぼしい物が無いか探しに行くかのように出発した。

むしろ探しに行ったのだった。

The young lady set off for something valuable.

Or rather, in search of something valuable.

- 4 -

湖は、一面妖霧に包まれていた。

普通の人間は30分はもつ程度の妖気だったが、普通じゃない人もやはり30分程度はもつようだった。

The lake was entirely covered by the mysterious fog.

A normal human would only survive for about 30 minutes in that fog, but non-humans too would have about thirty minutes.

妖霧の中心地は、昼は常にぼんやり明るく、夜は月明かりでぼんやり明るかった。

霧の中から見る満月はぼやけて数倍ににも膨れて見えるのだった。

The center of the fog barely receives any light during the day, and filters out moonlight as well.

From within the fog, a full moon looks hazy and several times larger.

もしこの霧が人間の仕業だとすると、ベラドンナの花でもかじった人間であることは容易に想像できる。

If we suppose the fog is the work of a human, one could say that the human must have eaten a belladonna flower.

中心地には島があり、そこには人気を嫌った、とてもじゃないけど人間の住めないようなところに、窓の少ない洋館が存在した。

In the very center of it all is an island, rejected by mankind simply because they could not live there.

On that island is a mansion; one of few windows.

昼も夜も無い館に、「彼女」は、いた。

Inside the mansion, there is neither day nor night. There is "she".


Forward to:



Around Wikia's network

Random Wiki