FANDOM




Spoiler warning: Plot and/or ending details follow.
Th06MarisaGoodEnding

Marisa's Good Ending 1

Th06MarisaBGoodEnding1

Marisa's Good Ending 2

Th06MarisaBGoodEnding2

Marisa's Good Ending 3

Th06MarisaBGoodEnding3

Marisa's Good Ending 4

幻想郷の夏。

太陽はついに休暇から戻ってきました。
最終的にすべてのミストをエリアから拭き取る。
それはまた、スカーレットマンションを誰の目にも見えるようにしました...

Gensokyo's summer.

The sun has finally come back from its vacation,
eventually wiping all the mist form the area.
That also made the Scarlet Mansion visible to everyone's eyes...

魔理沙 「...

....
.....うーん。」

Marisa "...

....
.....Ummm."

魔理沙 「...面白いですね。

私はエスペラントで書かれているように、ちょっとしか読むことができません。」

Marisa "...It's interesting, I guess.

I can only read a bit of it as it's written in Esperanto, though."

??? 「ああ、もう一度来ました。」

魔理沙 「いいえ、私はいません」

??? "Ah, you're here again."

Marisa "No, I'm not."

咲夜 「許可なく本を読んで読んではいけません。

それはまったく違法だ。」

Sakuya "Do not enter and read books without permission,

that's quite illegal."

魔理沙 「私は定期的な訪問者です。

なぜあなたに私に悪い紅茶などのコーヒーを入れないのですか?」
咲夜 「おいしいお茶しかないからね」

Marisa "I'm a regular visitor.

Why don't you server me a cup of bad tea or something?"
Sakuya "Because there's only delicious tea in here."

魔理沙 「さらに、本は誰かが読んで読むべきものです。」

咲夜 「実際にそれを読むことができるのですか?」

Marisa "In addition, books are there to be read by someone."

Sakuya "Do you mean you can actually read that?"

??? 「ねえ、さくや、どこにいますか?」

咲夜 「ああ、それは女王様です。
あなたは、しばらくここに隠れています。」

??? "Heeey, Sakuya, where are you?"

Sakuya "Ah, it's Mistress.
You, hide in here for a while."

咲夜 「はい、私はここにいる」 Sakuya "Yes, I'm here."
レミリア 「ああ、そこにいます。あなたはきれいに掃除していますか?」

咲夜 「もちろんですよ」
レミリア 「私はしばらく外出しているので、私はあなたに家を残すでしょう。」

Remilia "Ah, there you are. Are you cleaning up properly?"

Sakuya "Of course I am."
Remilia "I'm going out for a while, so I'll leave the house to you."

咲夜 「オユとパラソルをとることを忘れないでください。

そこは晴れです。」
レミリア 「心配しないで、結局生命を脅かす。」

Sakuya "Please don't forget to take a parasol with you, Mistress.

It's sunny out there."
Remilia "Don't worry, it's life-threatening after all."

レミリア 「ところで、この図書館はラットのような匂いがする。」

咲夜 「それは大丈夫です。
それは死んだラットのように臭いかもしれませんが、
ここには死んだラットはいません」

Remilia "By the way, this library smells like a rat."

Sakuya "That's okay.
It might stink like a dead rat,
but there are no dead rats in here."

レミリア 「それでは、あなたがしなければならないようにクリーンアップしてください。」

咲夜 「素敵な旅を。」

Remilia "Well then, clean up as you're supposed to. See ya."

Sakuya "Have a nice trip."

咲夜 「心配しないでください。死んだラットはまだ生きています。」

魔理沙 「だれがそれをどういう意味ですか?」

Sakuya "Please don't worry, the dead rat is still alive."

Marisa "Who do you mean by that, eh?"

素晴らしい邸宅には変化の兆しはなかった。

しかし、夏の風が何かを変えたいと思った...

第6戦

There was no sign of change in the fantastic mansion.

However, the summer breeze seemed to want to change something...

Ending No. 6