FANDOM




Spoiler warning: Plot and/or ending details follow.
Th06MarisaGoodEnding

Marisa's Good Ending 1

Th06MarisaAGoodEnding1

Marisa's Good Ending 2

Th06MarisaAGoodEnding2

Marisa's Good Ending 3

Th06MarisaAGoodEnding3

Marisa's Good Ending 4

幻想郷の夏。

太陽はついに休暇から戻ってきました。
最終的にすべてのミストをエリアから拭き取る。
それはまた、スカーレットマンションを誰の目にも見えるようにしました...

Gensokyo's summer.

The sun has finally come back from its vacation,
eventually wiping all the mist form the area.
That also made the Scarlet Mansion visible to everyone's eyes...

咲夜 「アルフ、忙しいよ、暑くて、間違っている....

だからこそ、霧は素敵でした。」

Sakuya "Arrrg, I'm busy, it's hot, errrr....

That's why the mist was nice, to keep it cool."

咲夜 「ああ、それはほとんどの軽食の時間です。

さて、私は時間を止めて即座に準備することができます。」

Sakuya "Ah, it's almost snack time.

Well, I can stop time and prepare it instantly, though."

??? 「まだ準備はできていない?」

咲夜 「はい、すぐそこにいます。」

??? "Isn't it ready yet?"

Sakuya "Yes, I'll be right there."

咲夜 「ここで、あなたが待っていないことを願っています。」

魔理沙 「ありがとう」

Sakuya "Here, hopefully I didn't keep you waiting."

Marisa "Thanks."

咲夜 「今日のお茶はキャンディーの珍しい葉のものです。」

魔理沙 「おいしく見えるのは赤すぎです...」

Sakuya "Today's tea is from Candy's rare leaves."

Marisa "It's too red to look delicious..."

咲夜 「また、私はあなたの喜びのためにケーキに希少成分を入れました。」

魔理沙 「どうしたんだ?」
咲夜 「竹の花、1つ。」

Sakuya "Also, I've put a rare ingredient in the cake for your pleasure."

Marisa "What the hell did you put in?"
Sakuya "Bamboo flowers, for one."

咲夜 「私は時間を操作できるので、時間をかけて開花させることができます

たとえ50年に一度しか開花しなくても」

Sakuya "Since I can manipulate time, I can make them bloom in no time

even if they only bloom once every 50 years."

魔理沙 「それは実際にそれをもっと美味しくするのだろうか?」

咲夜 「それはまれなものです」

Marisa "And does that actually make it more delicious?"

Sakuya "It's a rare stuff."

レミリア 「だから、あなたがその場所を所有しているかのようにここにいるのはなぜですか?

そして、あなたは私のスナックを食べていますか?」
魔理沙 「それはあなたのおやつです、私は知っています。」

Remilia "So why are you here as if you own the place.

And what are you doing eating my snack!"
Marisa "It's your snack, I know."

咲夜 「心配しないで、私はここにあなたを守ってきた。」

レミリア 「今日のスナックは何ですか?」
咲夜 「珍しいもの、女王様」

Sakuya "Don't worry, I've kept yours here."

Remilia "So what's today's snack?"
Sakuya "The rare stuff, Mistress."

レミリア 「ウーホー、私のお気に入り!」

魔理沙 「あなたが好きなものを選んだのはなぜだろうか...」

Remilia "Woohoo, my favorite!"

Marisa "Wonder why you chose such a rare thing for your favorite..."

魔理沙 「...ところで、それは厄介な暑いですね?」

レミリア 「見て?ミストはやっぱり元気だった。
あなたが私にそれをやめさせたのはあなたでした」
魔理沙 「...どういうわけか、そういう感じでした。」

Marisa "...By the way, it's annoyingly hot isn't it?"

Remilia "See? The mist was nice after all.
It was YOU that forced me to stop it."
Marisa "...somehow I felt like doing so."

夏色のファンタムはいつものように平穏に時間の流れを止めていた。

多分それは再び始まらないでしょう...

第5戦

Summer-colored phantasms were peacefully stopping the flow of time as usual.

Perhaps it will never start again...

Ending No. 5